水の恵み

院長からのメッセージ

*2015年6月

*各地でおこっております、噴火及び自然災害により被害に遭われました方々に、

心よりお見舞い申し上げます。

全国的に梅雨となり、湿度が高く、長雨の日々となりました。

私達は、災害へとつながる水力の強さ、激しさを知っているはずですが、

なかなか自分には関係のない事と思ってしまいがちです。

梅雨の季節、これからも当分は不順な気候が続くので、

皆様健康には気をつけられ、早めに危険を避けて用心を重ねてください。

水の恵み

一方で“水は天からのもらい水”と歌にもありますが、

この梅雨時期の雨量が、生活水、工業水などの供給の年の半分近くを

まかなっているそうです。

太陽エネルギーが地球の全存在に欠かせないように

水も欠く事はできないのです。

 

地球を取り巻く自然界の水の巡りは、地球上の生命を正に養い育てます。

そして、私たちの身体も60%近くは水分で構成されています。

 

このかけがえのない水を新鮮に豊かに保つためには、

地球上の私達の努力が問われているようです。

命を育む水が汚染されて魚や貝などの生物を犯し、

それを食べた方や、その水を直接飲んだりした方々の機能に、

重大な病気が発生した事もあります。

 

また、過度な樹木などの伐採により緑が少なくなり、

更に砂漠化が広がっていき、住人たちの生活を奪いつつあります。

 

近年増えて来た異常気象は、私たち人間が便利さを求めすぎたせいで

起こっているかもしれない地球温暖化の影響とも言われています。

世界中で心ある提案がされておりますが、

人ごとではなく私達一人一人の日常のことでもあるのです。

私たちが生きて行く上で欠かす事の出来ない水。

梅雨は、湿度も高く、不快指数も上がる季節ではありますが、

イヤだとばかり思わず、水に感謝し“ありがとう“と思ってみませんか?

少し心が晴れますよ。

ちょうど一面の雲の中に、ポケットのような青空を見るように・・・。

梅雨の時期は体調を崩しがちです。

いつも以上に、体調に気を配り、元気にお過ごし下さい。

院長 安田浩子

タイトルとURLをコピーしました