5分でかんたんにリフレッシュする方法

院長からのメッセージ

*2015年12月

年末年始を健康で過ごすために、心と身体を整える簡単な方法をご紹介したいと思います。

あれもこれもとする仕事があり、その予定のほかに突然の用事が入ったりすると、気ばかりあせって結局空回りするような状態の時は、身体的にも血圧や心拍数も上がり神経も高ぶっています。

目も疲れているし、姿勢も前かがみになり、胃腸や肺機能を圧迫しがちになります。

誰しも経験する事ですが、

1分でも早く!と焦っている時ほど空回りしやすくなります。

5分でかんたんにリフレッシュする方法・・・

それは、深呼吸です。

な~んだ、そんなことか!と思われた方も多い事と思いますが、

深呼吸は、身体の気を整え、身体機能を原点に戻します。

目を閉じ、姿勢を正し、深呼吸をして、心を大空に解放して生命の気を整えてみましょう。

この深呼吸、習慣になるまで続けていただきたいと思っております。

深呼吸で心と身体を整える。そのポイント。

この深呼吸をする時のポイントですが、

「呼吸」の「呼」は吐くという意味「吸」は吸うという意味です。

つまり呼吸はまず、息を吐く事が先なのですね。

息を吸う事ではなく、まずは息を吐く事を意識して呼吸しましょう。

腕は広げなくてもよいです。肩の力を抜き背筋を伸ばしてから呼吸しましょう。

「これ以上息を吐けない。」という所まで、ゆっくりと息を吐いてみますと勝手に空気を吸いたくなるものです。

吐く息:吸う息の割合を2:1にすると良いと言われています。

(例えば、20秒かけて吐いて10秒かけて吸うと、1分間に2回ですね。5分で10回。)

5分間ゆっくり息を吐いたり吸ったりする事に集中すると(仕事の事はひとまず置いて呼吸に集中!)

不思議と心と身体が整って行くのを感じられます。

5分などもったいない!と言われる方は、3分でも1分でもやってみると、身体は喜びます。

イライラした時ほど、「ふう~っ」とまずは息を吐く習慣を付けて下さい。

いつも私たちの無理な要求にもめげず、一生懸命に合わせている身体機能。深呼吸は、そのゆがみを直して原点に戻るために、整えてくれます。身体への思いやりでもありますね。

会社のデスクなどで人目が気になる時は、目を閉じなくても良いので深呼吸しましょう。

移動の電車やバスの中でも出来るので、ぜひ一日に数回深呼吸する習慣を取り入れてみて下さい。

楽しい事も大変な事も充分に対応出来る心と身体へ整えましょう。

あなたの目標の時までに、心に咲かせたい花の準備をしませんか?

せめて、つぼみでもつけられるように。

食事はバランスよくが基本

最近、食品の摂取に対して(特に加工肉など)様々な意見があり、戸惑っていらっしゃる方も多いことでしょう。

どの食品も、それを偏って摂取するのではなく、各食品をバランスよく食べることが、今の段階で出来る変わらない基本です。簡単な手料理を気軽に作ることも栄養バランスをとる助けになります。

では、この季節、いつもの良い習慣をしっかりと身につけてお過ごしください。

院長 安田浩子

タイトルとURLをコピーしました